読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌引きこもり日記

札幌の女子大生が引きこもりの日々を綴る日記

「恋人のいる干物女」に固有名詞をつけたい

というかつけてください。

 

干物女の定義をぐぐってみたのですが、ウィキ先生によると、

 

平日は毎日会社から帰るとマンガを読んで一人手酌で酒を飲み、休日は布団の中でうだうだ過ごすのが幸せという、だらけて恋愛から遠ざかっている様子のことである。(中略)だが、単語が広まるにつれて定義は曖昧になり「恋愛を放棄した10代から30代の(未婚の)女性」との意味が持たれるようになった。 

 

 だそうです。

 

くわえて、

メールの返事が極端に遅い、短い
簡単な食事なら台所で立って食べる
忘れ物を靴を履いたまま、膝立ちで部屋に上がり取りに行く
休日はノーメイクでノーブラ
半年ほど美容室に行っていない
冬場は、毛の処理を怠る、又はしない
1人で居酒屋に入れる
最近ドキドキしていない

というのが特徴としてあるそうな。

 

なんか、こう、彼氏いたら「喪女」にも「干物女」にもなれないんですよね…けど私が共感するのは所謂リア充ではなく上記のような状況なのだ…

 

そもそも半引きこもりで友達少なくてアニオタ腐女子で人見知りコミュ障の私が恋人がいるというだけで「リア充」ということには絶対にならないと思うのです。そういう感じの人って多分広義の「喪女」或いは「干物女」だと思うのだけど恋人の存在ってこの二つの定義にとってとても大きなことだと思うからここに入れるのも違和感。(某掲示板なんかでは叩かれる原因になるようなことだし)

 

"積極的に恋人を作りたいとは思わないし干物女のような生活をしているけど恋人はいる"みたいな人いると思うんだけどな…私がそうだから…いないのかな…恋愛は枯れてないけど私生活が枯れてる感じ……リアルは全く充実してないけど恋人が入るという意味でのリア充……

 

友人がツイッターで恋愛以外うまくいってないという意味で「腐った肉に最高級香辛料使ってる」って言ってたけどそれがとても近い気がするので誰か命名よろしくお願いします(丸投げ)

 

 

f:id:siromannjuu:20160620002718j:image

今日のお夕飯。冷凍うどんとキュウリの浅漬け。

 

にほんブログ村 恋愛ブログへ にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ